利用シーン別ガイド

一覧へ戻る

面談の記録を残したい

定期面談時のコメントや社員の状態を記録するシートを作成します。

01管理者設定:レイアウト設定で履歴型のシートを作る

①管理者機能トップ(SETUP)の「レイアウト設定」を開きます。

②画面右側の黒い歯車からシートツリー管理画面を開き、新規シートの追加(「+」ボタン)を行います。
 追加の際は、レイアウトを横型もしくは縦型シート、レコードを複数レコードを選択してください。

③パーツを組み合わせて画面のレイアウトを設定します。

オススメの設定

イメージが湧かない場合は下記の通り設定してみましょう!

シートの設定
●レイアウト・・・縦型シート
●レコード・・・複数レコード
使用パーツ
●面談日の入力欄・・・日付(カレンダー)
●面談者の氏名記入欄・・・テキストボックス
●状態のフラグ付け(○・△・×など)・・・プルダウン
●面談後のコメント欄・・・テキストエリア

Tips

02管理者設定:面談メモを閲覧・編集させる権限を与える

①管理者機能トップ(SETUP)の「アクセス管理」を開きます。

②「見える情報 > 1.情報参照」と、「編集できる情報 > 1.情報編集」のそれぞれに
 ステップ1で設定したシートに対する権限を設定します。

ロール(権限)をユーザーに付与する

ステップ2で設定したロールを付与するユーザーがまだ登録されていない場合や、すでにユーザーに付与していたロールを変更する場合は、管理者機能の「ユーザー管理」も確認しましょう!

CHECK!

03ユーザー操作:面談メモシートを開く

①「PROFILE BOOK」を開き、面談メモを記入したいメンバーを検索し、顔写真をクリックします。

②パーソナルページ(メンバー詳細画面)の右側に表示されているシート一覧の中から、
 ステップ1で設定した面談メモシートを開きます。

面談メモシートが開けなかったときは・・・

管理者機能「アクセス管理」の設定が間違っている可能性があります。

 ●PROFILE BOOKのメニューが表示されていない
  「使える機能 > 1.機能メニュー」でPROFILE BOOKが○になっているか確認してみましょう!

 ●面談メモを記入したいメンバーが表示されていない
  「見える情報 > 1.情報参照」で「基本情報」が適した権限になっているか確認してみましょう!

 ●面談メモシートが表示されていない
 「見える情報 > 1.情報参照」で面談メモシートが適した権限になっているか確認してみましょう!

CHECK!

04ユーザー操作:面談メモを記入する

①画面中央に表示されている「追加」をクリックします。

②表示されたモーダルに内容を入力し、中央下部に表示されている「追加」をクリックしてメモを登録します。

③画面中央に表示されている「編集」をクリックすると入力済みメモの再編集が行え、
 「追加」をクリックすることで新しいメモの追加が行えます。

面談メモの編集ができなかったときは・・・

管理者機能「アクセス管理」の設定が間違っている可能性があります。
「編集できる情報 > 1.情報編集」で面談メモシートは適した権限になっているか確認してみましょう!

CHECK!

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。