機能別操作ガイド

一覧へ戻る
機能別操作ガイド
VOICE NOTE
カテゴリー

アンケートの管理

01データをダウンロードする

①一般機能の「VOICE NOTE」を開きます。

②イベント一覧画面が開くので、編集したいイベントの右上の「メニューアイコン」をクリックし、「CSVダウンロード」を選択します。

③文字コードを選択して「ダウンロード」をクリックします。
調査票のデータと回答者の基本情報データが1枚のCSVファイルでダウンロードされます。

02データをアップロードする

①一般機能の「VOICE NOTE」を開きます。

②イベント一覧画面が開くので、編集したいイベントの右上の「メニューアイコン」をクリックし、「CSVアップロード」を選択します。

③「全入れ替えモード」「部分追加モード」のアップロードモードを選択して「次へ進む」を選択します。

  • 「アップロード前に現時点のバックアップを取得する」にチェックが入っている場合は、現行データのバックアップ取得後にCSVアップロードが実行されます。
  • 取得したバックアップはメニューの「CSVダウンロード」から取得することができます。

⑤アップロード画面がポップアップされるので、アップロードしたいCSVファイルをドラッグ、もしくは「ファイルを選択」から選択します。

④確認画面が表示されるので、「実行」を選択します。

⑤アップロード結果が表示されたら、「OK」を選択して終了します。

  • アップロードの進捗確認はリストのメニューアイコンから確認いただけます。
  • アップデートエラーの場合、「エラー」をクリックすると、エラー原因がテキストファイルで出力されます。


03添付ファイルを一括ダウンロードする

①一般機能の「VOICE NOTE」を開きます。

②イベント一覧画面が開くので、編集したいイベントの右上の「メニューアイコン」をクリックし、「ファイルダウンロード」を選択します。

③ファイル名形式を指定して、「全回答者の添付ファイルをダウンロード」をクリックします。

04イベント検索&SHUFFLE FACEへ展開する

①一般機能の「VOICE NOTE」を開きます。

②イベント一覧画面の右側で「キーワード」「ステータス」「カテゴリ」の、3パターンからイベントを検索することができます。

③イベントをクリックすると、「縦と横に並び替え」が選択できるようになります。クリックすると、 回答者をSHUFFLE FACEへ展開できます。

<SHUFFLE FACE 展開 イメージ画像>

05回答情報をグラフで表示する

「プルダウンリスト」「ラジオボタン」「チェックボックス」パーツで作成した調査票の回答値について、円グラフと棒グラフで表示されます

①一般機能の「VOICE NOTE」を開きます。

②イベント一覧画面が開くので、閲覧したいシートの右下の「チャートアイコン」をクリックすると、該当イベントの回答値がグラフで一覧表示されます。

③回答項目がプルダウンリスト、ラジオボタンの場合、円グラフが(単一選択項目のため)表示されます。

④回答項目がチェックボックスの場合、縦の棒グラフが(複数選択項目のため)表示されます。

⑤グラフをクリックすると該当メンバーの顔写真リストが表示されます。

⑥メンバーの顔写真をクリックするとPROFILE BOOKへ遷移し、VOICE NOTEの回答画面が表示されます。「全て見る」をクリックすると、その回答をしたメンバーのリスト画面が表示されます。



  • リスト画面の「アクション選択」よりメール一括送信や「PICKUP LIST」のリスト作成が可能です。
  • 特定の回答をしたメンバーのみにアクションを行いたい際にご活用ください。

⑦グラフを表示する設問がない場合、グラフは表示されません。

所属や詳細条件を設定してグラフ表示させる

①「詳細条件を設定する」をクリックするとウィンドウが開くので、例えば「男性」にチェックを入れて検索すると、絞り込まれたメンバーのデータが表示されます。



②「所属で絞り込む」より該当所属をクリックすると、所属で絞り込まれたメンバーのデータが表示されます。


【グラフの表示権限について】

  • 管理者(Adm)ユーザー…イベント「開始前」「回答受付中」「終了」時に表示されます
  • オーナー…イベント「開始前」「回答受付中」「回答締切」時に表示されます
  • オーナー/一般ログインユーザー…イベント終了後、アクセス管理>見える情報>3. VOICE NOTEの公開範囲設定の権限に従い表示されます
    →詳細はこちらからご確認ください。

06VOICE NOTEイベント オーナーを変更する

①一般機能の「VOICE NOTE」を開きます。

②イベント一覧画面が開くので、編集したいイベントの右上の「メニューアイコン」をクリックし、「イベント編集」を選択します。

③「設定するユーザーを選択してください。」の下枠部分に表示される「リストから選択」から、オーナーを選択して保存します。

  • イベントオーナーを選択するには、
    管理者機能トップ>アクセス管理>その他の設定>3. データ追加
    のVOICE NOTEで「作成可」の権限設定を行う必要があります。
  • メール送信の権限も与える場合、 管理者機能トップ>アクセス管理>その他の設定>
    2.メールにて「送信可能」の設定を行ってください。
  • 終了したイベントは、オーナーであってもアクセス管理>見える情報>
    3.VOICE NOTEの公開範囲設定に準じた閲覧権限に切り替わります。

07公開範囲を指定する

  • 開始前、回答受付中のイベントについては、作成者、管理者(Adm)ユーザー以外には公開されません。イベント終了後、公開範囲で設定したロールのユーザーに公開されます。

①管理者機能トップの、アクセス管理を開きます。

②アクセス管理の「見える情報」を選択して、「VOICE NOTEの公開範囲設定」で、イベントを公開したいロールにカーソルをあわせます。

③設定画面がポップアップするので、権限の設定をし、「適用」をクリックします。

④公開範囲を指定したら右上の「設定保存」をクリックします。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。