機能別操作ガイド

一覧へ戻る
機能別操作ガイド
CONNECT CUBE
カテゴリー

SPI3受検データ取込

01SPI3 受検データを取り込む

概要

カオナビ外で受検した過検結果をカオナビにアップロードすることができます。
また、アップロードした受検結果に対して、修正・削除を行うことができます。
※管理者権限にて「CONNECT CUBE」の利用可能権限が必要になります。

取り込み手順

①リクルートマネジメントソリューションズ社(以下、RMS)から受領したSPI3受検データを用意します。

  • SPI3受検データがない場合はRMSから再度取得することができます
  • 第三者であるカオナビはSPI3受検データの取得ができません。直接RMSへお問い合わせください。

②受検結果CSVファイルを開き、以下のCSVファイル修正後のイメージを参考に編集してください。

1. CSVファイルのヘッダーとなる行のA列の値を「社員番号」に書き換えます
2. CSVファイルのデータとなる行のA列の値を「受検対象者の社員番号」に書き換えます
3. CSVファイルを上書き保存します

<CSVファイル修正後のイメージ>

  • 存在しない社員や取り込まない社員の行は削除してください
  • CSVファイルのキー項目は「社員番号」・「実施年」・「実施月」・「実施日」になります

③TOPページから「CONNECT CUBE」メニューを開きます。

④「CSVアップロード」をクリックします。

⑤ポップアップ画面の「アップロード」をクリックします。

⑥アップロードモードの「新規追加モード」を選択して、「次へ進む」をクリックします。

  • 「アップロード前に現時点のバックアップを取得する」にチェックが入っている場合は、現行データのバックアップ取得後にCSVアップロードが実行されます
  • 取得したバックアップはメニューの「CSVダウンロード」から取得することができます

⑦受検結果CSVファイルをドラッグ、もしくは「ファイルを選択」から選択します。

⑧ポップアップ画面の内容を確認して「実行」をクリックします。

⑨アップロード受付ダイアログが表示されるので、「OK」をクリックします。

⑩しばらくするとアップロードが完了します。

02SPI3 取り込んだ受検データを修正する

概要

「指定行の入れ替えモード」を指定することで、アップロードした受検結果を修正することができます。

修正手順

①受検結果CSVファイルに修正内容を反映し、更新します。

  • 「社員番号」・「実施年」・「実施月」・「実施日」で修正対象のデータを指定します
  • カオナビから受検したデータは修正できません
  • 修正しない社員の行はCSVファイルに含めないでください

②TOPページから「CONNECT CUBE」メニューを開きます。

③「CSVアップロード」をクリックします。

④ポップアップ画面の「アップロード」をクリックします。

⑤アップロードモードで「指定行の入れ替えモード」を選択して、「次へ進む」をクリックします。

  • 「アップロード前に現時点のバックアップを取得する」にチェックが入っている場合は、現行データのバックアップ取得後にCSVアップロードが実行されます
  • 取得したバックアップはメニューの「CSVダウンロード」から取得することができます

⑥修正内容を反映したCSVファイルをドラッグ、もしくは「ファイルを選択」から選択します。

⑦以降の手順は「受検データを取り込む」と同じになります。

03SPI3 取り込んだ受検データを削除する

概要

「指定行の入れ替えモード」を指定することで、アップロードした受検結果を削除することができます。

削除手順

①削除対象データの「社員番号」・「実施年」・「実施月」・「実施日」以外の項目を空にしたCSVファイルを用意してください。

  • 「社員番号」・「実施年」・「実施月」・「実施日」で修正対象のデータを指定します
  • カオナビから受検したデータは削除できません
  • 削除対象ではない社員の行はCSVファイルに含めないでください

②TOPページから「CONNECT CUBE」メニューを開きます。

③「CSVアップロード」をクリックします。

④ポップアップ画面の「アップロード」をクリックします。

⑤アップロードモードで「指定行の入れ替えモード」を選択して、「次へ進む」をクリックします。

  • 「アップロード前に現時点のバックアップを取得する」にチェックが入っている場合は、現行データのバックアップ取得後にCSVアップロードが実行されます
  • 取得したバックアップはメニューの「CSVダウンロード」から取得することができます

⑥CSVファイルをドラッグ、もしくは「ファイルを選択」から選択します。

⑦以降の手順は「受検データを取り込む」と同じになります。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。