管理者機能

一覧へ戻る
カテゴリー

G Suite(OAuth)をご利用の場合

管理者機能 > その他 > シングルサインオン管理

G Suite側の設定

こちらを参照してG SuiteのOAuthクライアントIDの設定を行ってください
②クライアントIDの作成で「ウェブアプリケーション」を選択し、以下の項目を控えてください

  • クライアントID
  • クライアントシークレット

カオナビ側の設定

①カオナビにログインして、管理者機能から「シングルサインオン管理」を開き、「新しい設定を追加する」を選択します

②IdP名称に任意の設定名を入力し、タイプで「G Suite(OAuth)を選択してください

項目名称 入力値
IdP名称 任意の名称
タイプ OAuth(G Suite)

③上記で控えておいた値を転記します

転記先のカオナビの設定項目名称 転記元のG Suiteの項目名称
クライアントID クライアントID
クライアントシークレット クライアントシークレット

G Suite側への設定の反映

①設定を保存するとSSOの情報が表示されますので、以下の項目を控えてください

  • 承認済みのJavaScript生成元
  • 承認済みのリダイレクトURI

②Google API Managerを開いて、作成したクライアントIDを選択し、上記で控えた項目を転記してください。

転記元のカオナビの設定項目名称 転記先のG Suiteの項目名称
承認済みのJavaScript生成元 承認済みのJavaScript生成元
承認済みのリダイレクトURI 承認済みのリダイレクトURI

③「Login Page」のURLからログインできることを確認してください

以上で設定は完了になります。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。