管理者機能

一覧へ戻る
マスター設定
カテゴリー

マスター管理

管理者機能>マスター設定>マスター管理

マスター管理とは

マスター管理とは、勤続年数や役職といった項目のマスターを、作成・編集・追加・削除できる機能です。
プルダウンの選択肢を追加・編集したり、日付やナンバーボックスパーツで作成した項目の検索範囲を設定することができます。
マスターデータは、検索条件やSHUFFLE FACEの軸として活用できます。

マスターを参照する

①管理者機能の「マスター管理」を開きます。

②画面左側に、マスターデータが登録されている項目一覧が表示されます。参照したい項目を選択すると、登録されているマスターデータ(「タイトル」)と、各データに紐付いている「メンバー数」が表示されます。

新しいマスターを追加する

①管理者機能の「マスター管理」を開きます。

②画面左側に、マスターデータが登録されている項目一覧が表示されます。マスターを追加したい項目を選択し、「新しいマスターを追加する」ボタンをクリックします。

③入力画面がポップアップされるので、マスター名称を入力して「追加」ボタンをクリックします。

④追加したマスターは、画面上部にピンク色で表示されます。左側の灰色部分にカーソルを合わせてドラッグすると、任意の位置に移動できます。

⑤追加が完了したら、「下記の設定で保存する」をクリックします。

  • レイアウト設定で既に設定済の選択肢の追加変更はこちらから行えます。

SHUFFLE FACEの軸幅とCHART BOARD・SHEET GARAGEグラフ表示の集計範囲を設定する

数値型


期間型

テキスト型

日付型

  • 「年齢」や「勤続年数」をマスター登録することで、SHUFFLE FACEの表示軸とCHART BOARD・SHEET GARAGEグラフ表示の集計範囲に反映されます。

マスターの名称を編集する

①管理者機能の「マスター管理」を開きます。

②画面左側に、マスターデータが登録されている項目一覧が表示されるので、マスターを編集したい項目を選択します。編集したいマスター名称をクリックすると入力モードになるので、編集を行います。

③編集が完了したら、右上の「下記の設定で保存する」をクリックします。

マスターの並び順を入れ替える

①管理者機能の「マスター管理」を開きます。

②画面左側に、マスターデータが登録されている項目一覧が表示されるので、マスターの並び順を入れ替えたい項目を選択します。

③マスターデータの左側の灰色部分にカーソルを合わせて、ドラッグして並び順を入れ替えます。

④入替が完了したら、「下記の設定で保存する」をクリックします。

マスターを一括でダウンロードする

①管理者機能の「マスター管理」を開きます。

②画面左側に、マスターデータが登録されている項目一覧が表示されるので、ダウンロードしたい項目を選択して、右上の「CSVダウンロード」をクリックします。

③ダウンロード画面がポップアップされるので、「ダウンロード」をクリックします。

④マスターのCSVファイルがダウンロードされます。

マスターを一括でアップロードする

①管理者機能の「マスター管理」を開きます。

②画面左側にマスターデータが登録されている項目一覧が表示されるので、アップロードしたい項目を選択して、右上の「CSVアップロード」をクリックします。

③アップロード画面がポップアップされるので、「部分追加モード」か「全入れ替えモード」を選択して、 「次へ進む」をクリックします。

④ポップアップ画面で「ファイルを選択」、もしくはCSVファイルをドラッグしてアップロードします。

⑤確認画面がポップアップされるので、「実行」を選択します。

⑥アップロード受け付け画面がポップアップされたら、「OK」を選択します。

項目ごとのCSVファイル入力方法

テキスト型

プルダウンリストパーツで作成した項目が該当します。

id 新規で行追加する際は「new」と入力
data 選択肢の名称を入力

数値型

「年齢」などナンバーボックスパーツで作成した項目が該当します。

id 新規で行追加する際は「new」と入力
from 範囲のはじめとなる値
to 範囲の終わりとなる値

期間型

「勤続年数」など計算式パーツを年ヵ月方式で出力している項目が該当します。

id 新規で行追加する際は「new」と入力
from 範囲のはじめとなる期間を「Y/M」形式で入力(1年1ヶ月の場合「1/1」と入力)
to 範囲の終わりとなる期間「Y/M」形式で入力(2年0ヶ月の場合「2/0」と入力)

カレンダー型

日付(カレンダー)パーツで作成している項目が該当します。

id 新規で行追加する際は「new」と入力
from 範囲のはじめとなる年月日を「YYYY/MM/DD」形式で入力
to 範囲の終わりとなる年月日を「YYYY/MM/DD」形式で入力

CSVデータ受け付け完了後のエラーについて

①CSVのアップロードに失敗した場合は、[CSVダウンロード]の右側に[CSVのエラー]と表示されます。

②クリックしてダウンロードしたテキストファイルを開くと、[アップロード結果]に「エラーレコード件数」、[エラーデータ詳細]に「エラー内容」と「行番号」が記載されています。

  • 表示されるエラーの一覧と対策方法については、こちらをご覧ください。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。