管理者機能

一覧へ戻る
マスター設定
カテゴリー

カスタム設定

管理者機能>マスター設定>カスタム設定

カスタム設定とは

カスタム設定とは、ソートキーや検索条件、SHUFFLE FACEの軸などに表示する項目を設定できる機能です。
自由に設定することで、カオナビをより活用しやすくカスタマイズすることができます。
カスタム設定では以下の設定が可能です。

  • ソートキーの設定
  • ラベルの設定
  • メールの置換タグの設定
  • SHUFFLE FACEの表示軸の設定
  • グルーピングの設定
  • PROFILE BOOKの検索条件で使用する項目の設定
  • CHART BOARD/SHEET GARAGEの集計対象の設定

ソートキーを設定する

カスタム設定でソートキーに設定した項目は、以下の機能に反映されます。

  • PROFILE BOOK
  • SHUFFLE FACE
  • SYNAPSE TREE

一般ユーザーには、全社員閲覧権限のある項目のみ表示されます。

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます

②「ソートキー」部分のプルダウンの中から、ソートキーとして設定したい項目が含まれるシートを選択して、中央の「追加」をクリックします

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします

⑤各機能の画面に指定した項目が表示されるようになっています


ラベルを設定する

ラベルに設定した項目は、以下の機能に反映されます。

  • SHUFFLE FACE
  • SYNAPSE TREE

一般ユーザーには、閲覧権限のない項目は表示されません。

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます

②「ラベル」部分のプルダウンの中から、ラベルとして設定したい項目が含まれるシートを選択して、中央の「追加」をクリックします

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします

⑤各機能の画面に指定した項目が表示されるようになっています

メールの置換タグを設定する

メールタグに設定した項目は、以下の機能のメニューアイコンの「メール送信」と、管理者機能のユーザー管理にあるメール送信モーダルの「置換タグ」に反映されます。

  • PICKUP LIST
  • VOICE NOTE
  • SMART REVIEW

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます。

②「メールタグ」のボックスの中から、メール送信時の置換タグとして設定したい項目を選択して、中央の「追加」をクリックします。

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします。

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします。


SHUFFLE FACEの表示軸を設定する

SHUFFLE FACEの軸にできる項目パーツは、以下の通りです。

  • 基本情報:年齢、勤続年数、プルダウンリスト、計算式
  • シート情報:ラジオボタン、チェックボックス、ナンバーボックス、プルダウンリスト、日付(カレンダー)、年月(カレンダー)、計算式

※年齢、勤続年数、ナンバーボックス、カレンダーを軸にする場合、管理者機能のマスター管理から新しい新しいマスターを追加する必要があります。

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます。

②「表示軸」部分のプルダウンの中から、SHUFFLE FACEの表示軸として設定したい項目が含まれるシートを選択して、中央の「追加」をクリックします。
※SHUFFLE FACEに登録できる項目は、単一レコードシートのみになります。

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします。

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします。

グルーピングを設定する

グルーピングに設定した項目は、PICKUP LISTのメンバー入れ替え画面とVOICE NOTEの回答者の設定画面にある(属性情報でまとめる)に反映されます。

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます。

②「グルーピング」部分のプルダウンの中から、検索条件として設定したい項目が含まれるシートを選択して、中央の「追加」をクリックします。

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします。

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします。

PROFILE BOOKの検索条件を設定する

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます。

②「絞込み」部分のプルダウンの中から、PROFILE BOOKの検索条件として設定したい項目が含まれるシートを選択して、中央の「追加」をクリックします。

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします。

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします。

⑤検索条件に設定した項目は、画面右側の「詳細条件を設定する」に検索条件として反映されます。

  • 設定項目はCHART BOARD/SHEET GARAGEの集計対象と共通です。

<PROFILE BOOK>

CHART BOARD/SHEET GARAGEの集計対象を設定する

①管理者機能の「カスタム設定」を開きます。

②「絞込み」部分のプルダウンの中から、CHART BOARD/SHEET GARAGEの集計対象として設定したい項目が含まれるシートを選択して、中央の「追加」をクリックします。

③項目が右側のボックスに移動したら、右上の「保存」をクリックします。

④ポップアップ画面が開くので、「保存」をクリックします。

⑤絞込みに設定した項目は、CHART BOARDの集計項目、SHEET GARAGEのグラフ表示の集計項目として反映されます。

  • 設定項目はPROFILE BOOKの検索条件と共通です。

<CHART BOARD>

<SHEET GARAGE>

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。