管理者機能

一覧へ戻る
ユーザー設定
カテゴリー

拡張アクセス設定

拡張アクセス設定とは、ユーザーごとに閲覧、除外可能メンバー・部署を個別設定できる機能です。 所属マスターに基づく所属社員、配下社員とは別に、自身の所属とは関係のないメンバーや部署に対して閲覧・参照権限を付与したいユーザーに設定することで、より柔軟なアクセス権限の設定が可能です。

拡張アクセス設定とは

拡張アクセス設定画面

拡張アクセス設定をダウンロードする

①管理者機能の「拡張アクセス設定」を開きます。

②左上の「追加設定」 「除外設定」クリックし、右上を「メンバー」か「部署」を指定します。
③画面真ん中の「CSVダウンロード」をクリックします。

④ダウンロード画面がポップアップされるので、文字コードを選択して「ダウンロード」をクリックしてCSVファイルをダウンロードします。

拡張アクセス設定をアップロードする

①管理者機能の「拡張アクセス設定」を開きます。

②左上の「追加設定」 「除外設定」クリックし、右上を「メンバー」か「部署」を指定します。
③画面真ん中の「CSVアップロード」をクリックします。

④アップロード画面がポップアップされるので、「全入れ替えモード」「部分追加モード」のアップロードモードを選択して「次へ進む」を選択します。拡張アクセス設定のCSVファイルをドラッグ&ドロップで登録します。

  • 「アップロード前に現時点のバックアップを取得する」にチェックが入っている場合は、現行データのバックアップ取得後にCSVアップロードが実行されます。
  • バックアップのダウンロードは「CSVダウンロード」ボタンから可能です。(最新1件のみ)ダウンロード方法はこちらもご覧ください。

⑤確認画面が表示されるので、内容に間違いがないことを確認し、「実行」を選択します。
⑥アップロード結果が表示されたら、「OK」を選択して終了します。

CSVデータ受け付け完了後の進捗確認

  • アップロードの進捗確認はcsvアップロードをクリックすると確認できます。
  • アップロードエラーの場合、「CSVエラー」をクリックすると、エラー原因がテキストファイルで出力されます。
  • テキストファイル内、[アップロード結果]項目にエラーレコード件数、[エラーデータ詳細]項目にエラー内容、行番号が記載されています。

  • 拡張アクセス設定をcsvアップロードする際、以下の項目の入力が必須となります。
  • 「ログインID」「社員番号」 「追加・除外メンバーの社員番号」 「追加・除外の所属コード」

閲覧可能メンバー、部署を設定する

閲覧可能メンバーを設定する

①管理者機能の「拡張アクセス設定」を開きます。

②左上の「追加設定」をクリックすると、右上に「閲覧可能メンバー」「閲覧可能部署」の切り替え表示されるので、 「追加設定」 「閲覧可能メンバー」を選択します。
③画面真ん中の「設定を追加する」をクリックします。

④設定画面がポップアップされるので、設定を追加したいユーザーを上段のプルダウンから選択します。
次に、設定したユーザーが閲覧可能なメンバーを下段のプルダウンから選択して追加します。
※閲覧可能メンバーは、複数人登録することもできます。
⑤全ての設定が完了したら、下の「保存」をクリックします。
※拡張アクセス設定で指定したメンバーや部署設定の反映は、アクセス管理で設定します。

閲覧可能部署を設定する

①管理者機能の「拡張アクセス設定」を開きます。

②左上の「追加設定」をクリックすると、右上に「閲覧可能メンバー」「閲覧可能部署」の切り替え表示されるので、 「追加設定」 「閲覧可能部署」を選択します。
③画面真ん中の「設定を追加する」をクリックします。

④設定画面がポップアップされるので、設定を追加したいユーザーを上段のプルダウンから選択します。次に、設定したユーザーが閲覧可能な部署を下段のプルダウンから選択して追加します。
次に、設定したユーザーが閲覧可能な部署を下段のプルダウンから選択して追加します。
※設定した部署は、配下部署を含めた閲覧設定になります。
※閲覧可能部署は、複数登録することもできます。
⑤全ての設定が完了したら、下の「保存」をクリックします。
※拡張アクセス設定で指定したメンバーや部署設定の反映は、アクセス管理で設定します。

閲覧除外メンバー、部署を設定する

閲覧除外メンバーを設定する

①管理者機能の「拡張アクセス設定」を開きます。

②左上の「除外設定」クリックすると、右上に「閲覧除外メンバー」「閲覧除外部署」の切り替え表示されるので、「除外設定」 「閲覧除外メンバー」を選択します。
③画面真ん中の「設定を追加する」をクリックします。

④設定画面がポップアップされるので、設定を追加したいユーザーを上段のプルダウンから選択します。
次に、設定したユーザーから閲覧除外するメンバーを下段のプルダウンから選択して追加します。
※閲覧除外メンバーは、複数登録することもできます。
⑤全ての設定が完了したら、下の「保存」をクリックします。
※拡張アクセス設定で指定したメンバーや部署設定の反映は、アクセス管理で設定します。

閲覧除外部署を設定する

①管理者機能の「拡張アクセス設定」を開きます。

②左上の「除外設定」クリックすると、右上に「閲覧除外メンバー」「閲覧除外部署」の切り替え表示されるので、 「除外設定」 「閲覧除外部署」を選択します。
③画面真ん中の「設定を追加する」をクリックします。

④設定画面がポップアップされるので、設定を追加したいユーザーを上段のプルダウンから選択します。
次に、設定したユーザーが閲覧除外する部署を下段のプルダウンから選択して追加します。
※閲覧除外部署は、複数登録することもできます。
⑤全ての設定が完了したら、下の「保存」をクリックします。
※拡張アクセス設定で指定したメンバーや部署設定の反映は、アクセス管理で設定します。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。