管理者機能

一覧へ戻る
ユーザー設定
カテゴリー

アクセス管理

アクセス管理とは、ユーザーの閲覧/編集権限を定めるロールを作成できる機能です。 役員ロールや部門長ロール、一般職ロールなど、役割に応じて細かく閲覧・編集範囲を設定することができるので、多様なユーザーにログイン権限を付与し、必要な情報のみ開示して活用することができます。

アクセス管理とは

アクセス管理画面

新しいロールを作成する

①管理者機能の「アクセス管理」を開きます。

②画面中央の「新しいロールを作る」をクリックします。
③入力画面がポップアップされるので、ロール名を入力、このロールをAdm(管理者)に設定する、ソートキーを選択して下の「保存」をクリックします。ソートキーは、ロールの並びを左から昇順で指定できます。

④新しいロールが画面に表示されます。新規作成したロールは、全ての機能が「利用不可」「参照・閲覧不可」の状態で登録されます。

ロールを編集、コピー、削除する

①管理者機能の「アクセス管理」を開きます。

②登録されているロール一覧が表示されるのでロール名をクリックします。

③ロールに割り当てられているユーザーが表示されるので、目的に応じて「編集」 「コピー」 「削除」をクリックします。
画面がポップアップされるので、修正後それぞれ下の「保存」 「コピーして作成」 「削除」をクリックします。

ロールの権限を設定する

使える機能を設定する

①管理者機能の「アクセス管理」を開きます。

②「使える機能」を選択します。
③設定したい項目にカーソルを合わせて、水色部分をクリックします。
④「利用可能」「利用不可」を選択し、「適用」をクリックします。

⑤各メニューごとに「設定保存」をクリックし、完了します。

  • 1. 機能メニューの「SETUP」と、2. 管理者機能メニューは、Adm(管理者)のみ権限付与ができます。

見える情報を設定する

①管理者機能の「アクセス管理」を開きます。


②「見える情報」を選択します。
③設定したい項目にカーソルを合わせて、水色部分をクリックします。
④参照範囲を選択し、「適用」をクリックします。

⑤各メニューごとに「設定保存」をクリックし、完了します。

VN=「VOICE NOTE」 SR=「SMART REVIEW」を意味します
※ロール作成で設定できる編集範囲については、ユーザー登録を参照ください。
※「追加設定」「除外設定」の指定所属・指定メンバーは管理者機能>拡張アクセス設定から予め登録する必要があります。

  • 「全社員」  登録メンバー全員の情報を閲覧できます。
  • 「所属社員」 ユーザーが所属する部署のメンバー情報を配下所属含め閲覧できます。
  • 「配下社員」 ユーザーが所属する部署のメンバー情報の閲覧はできず、配下所属のメンバー情報のみ閲覧できます。
  • 「閲覧不可」 情報を閲覧することはできません。
【追加設定】
「本人」  ログインしているユーザー本人の情報を閲覧できるよう追加します。
「指定所属」 拡張アクセス設定で登録した所属の情報を閲覧できるよう追加します。
「指定メンバー」 拡張アクセス設定で登録したメンバーの情報を閲覧できるよう追加します。

【除外設定】
「本人」   ログインしているユーザー本人の情報を閲覧できないように(除外)します。
「指定所属」 拡張アクセス設定で登録した所属の情報を除外します。
「指定メンバー」 拡張アクセス設定で登録したメンバーの情報を除外します。

編集できる情報を設定する

①管理者機能の「アクセス管理」を開きます。


②「編集できる情報」を選択します。
③設定したい項目にカーソルを合わせて、水色部分をクリックします。
④編集範囲を選択し、「適用」をクリックします。

⑤各メニューごとに「設定保存」をクリックし、完了します。


※ロール作成で設定できる編集範囲については、ユーザー登録を参照ください。
※「追加設定」「除外設定」の指定所属・指定メンバーは管理者機能>拡張アクセス設定から予め登録する必要があります。

  • 「全社員」  登録メンバー全員の情報を編集できます。
  • 「所属社員」 ユーザーが所属する部署のメンバー情報を配下所属含め編集できます。
  • 「配下社員」 ユーザーが所属する部署のメンバー情報の閲覧はできず、配下所属のメンバー情報のみ編集できます。
  • 「編集不可」 情報を編集することはできません。
【追加設定】
「本人」 ログインしているユーザー本人の情報を編集できるよう追加します。
「指定所属」拡張アクセス設定で登録した所属の情報を編集できるよう追加します。
「指定メンバー」拡張アクセス設定で登録したメンバーの情報を編集できるよう追加します。

【除外設定】
「本人」 ログインしているユーザー本人の情報を編集できないように(除外)します。
「指定所属」拡張アクセス設定で登録した所属の編集権限を除外します。
「指定メンバー」拡張アクセス設定で登録したメンバーの編集権限を除外します。

その他の設定を設定する

①管理者機能の「アクセス管理」を開きます。


②「その他の設定」を選択します。
③設定したい項目にカーソルを合わせて、水色部分をクリックします。
④「適用」をクリックします。

⑤各メニューごとに「設定保存」をクリックし、完了します。

  • 1. 勤務状況…メンバーの勤務状況(在職・退職・入社予定)に応じた参照権限を設定できます。
  • 2. メール…カオナビ上でのメール送信権限を設定できます。
  • 3. データ追加…PROFILE BOOK、PICKUP LIST、VOICE NOTE、SMART REVIEW、TALENT FINDER、SPI3(CONNECT CUBE)、エニアグラムのデータ追加権限を設定できます。PROFILE BOOKのデータ追加権限があると、メンバー追加時に全項目が表示されます。
  • 4. 帳票出力…PROFILE BOOKでの帳票出力権限を設定できます。
  • 5. データ出力…PROFILE BOOK、PICKUP LIST、SHUFFLE FACE、SYNAPSE TREE、SPI3(CONNECT CUBE)、エニアグラム、SHEET GARAGEのデータ出力権限を設定できます。
  • 6. 共有URL…カオナビのURL共有ボタンの利用権限を設定できます。
  • 7. 付属機能…顔写真のダウンロード、お知らせ追加、所属メモ参照/登録の利用権限を設定できます。

問題は解決しましたか?

※こちらに記載いただいた内容にはご返信しておりません。ご要望・ご質問等ございましたら「お問合わせ」よりお願いいたします。